株式会社フロンティア 採用情報|営業職採用

JOB DESCRIPTION

営業職の仕事とは?

営業職の仕事

担当するエリアにおいて福祉用具のレンタル・販売、住宅リフォームの提案を行います。業務のパートナーであるケアマネジャーからお客様を紹介いただき、その方の解決したい課題に向けて、アセスメントをしてから商品を選定します。多くのお客様のご相談をいただくには、信頼関係が必須。そのためにも、私たちは、こまめな訪問や迅速な報告・連絡・相談など、誠実な対応に努めています。そして、お客様へ最適なサービスを提供できるよう、多職種との密な連携を心がけています。

ケアマネジャーへの営業活動
ケアマネジャーとは、介護を受ける人のために、介護の方針を定めたり, 介護保険が適用されるサービスの内容・費用などの計画を立てたりする専門家。一人のケアマネジャーが、複数の高齢者を支援しており、フロンティアの営業はこのケアマネジャーに対して営業活動を行います。
お客様へのご提案・納品
ケアマネジャーから紹介を受けたお客様(高齢者)に対して、ヒアリングや福祉用具のご提案を行います。実際にお客様のご自宅にお伺いし、要望に応じて住宅リフォームの提案・施工も行います。
モニタリング
福祉用具を納品した後も、定期的に訪問し使用状況の確認や商品のメンテナンスを行います。お客様の身体状況の変化に合わせ、再提案や商品の変更を行うことも。一度納品して終わりではなく、お客様の暮らしに寄り添い続けます。
役所への申請代行
お客様やご家族の状況によって、お客様の代わりに福祉用具や住宅リフォームの申請を行います。申請の際には、各市区町村の窓口へ行き手続きを行います。
※市区町村により申請方法は異なります

営業職の担当領域

福祉用具のレンタルと販売
お客様やご家族が望む暮らしを実現するために、お客様の身体状況や普段の生活スタイルをヒアリングします。また、実際にお客様が暮らしている住環境を拝見し、福祉用具の専門家として、お客様がより良い暮らしができるように、最適な福祉用具をご提案します。
住宅リフォームの提案・施工
お客様の声を伺うと「愛着あるわが家で暮らしたい」という方は、やはり多いです。だからこそ、身体状況の変化とともに、必要となる住宅リフォームをご提案します。長年住み慣れた家で安心して安全な生活をしていただけるように、一人ひとりの身体状況や環境に合わせたリフォームの提案・施工までをサポートします。